労働基準法と通勤時間

通勤時間と労働時間の判断基準。労働基準法。労働どっとネット(内容証明研究会)。

車での通勤時間が2時間。 片道か往復かでも違いますし、山道なのか高速を使っての2時間なのかでも違ってはきますが、どちらにしても長距離通勤は避けたほうが無難です。 通勤時間が長すぎるのは労働基本法違反になるのでは?との疑問もわいてくるでしょう。

q 職場における通勤時間や手当ての定義がなぜないのか?. このカテゴリであっているのかわかりませんが・・・教えてください 労働基準法などで法定労働時間などは決められていますが、交通費についても社内規定で決められているのであって、法律的に決められていないこともしっています。

連続勤務に対して労働基準法にはしっかりと示されていないため、労働者は違法なのか判断できないことが多いです。ここでは労働基準法や連続勤務の上限など紹介しています。勤務環境に不安やストレスを感じている方は、是非参考にしてください。

会社勤めの人にとって、1日の中の最初の仕事と言えるのが「通勤」です。 通勤時間が気にならない人もいるかもしれませんが、多くの人は満員電車に滞在する時間や徒歩の時間に限界を感じて、 通勤時間を削りたい でしょう。 ここでは、東京都内近郊で働く人150名を対象に、「職りんく

q 労働基準法で定める通勤時間について. 通勤時間の残業について教えてください。 現場代理人の仕事をしています。現場まで自宅から社用車で1時間かかります。 当然、8時から作業開始なので、7時前に

労働基準法について 通勤時間が長いのと勤務時間が長いので1日2〜3時間程度の睡眠時間しかとれません。ちなみに通勤時間は片道2.5時間。勤務時間は朝8時からよる10時までです。また必要に追われて休日出勤をしても代休

Read: 3576

残業代請求において,労働者側から移動時間も労働時間だとの主張がなされることがあります。それでは,移動時間は労働時間なのでしょうか?通勤時間は労働時間ではない 通勤は,労働者が労務提供を行うための債務の履行準備行為にすぎません。

会社に通う通勤距離で労働基準法で何キロまでとか規定はありますか? 通勤距離が片道65キロあります 教えて下さい 通勤距離及び通勤時間に法律上の制限はありません沖縄から東京に通勤することですら、会社と従業員の同意があ

Read: 4421

労働基準法で定められている、労働時間、連続勤務、有給休暇について把握していますか? 世の中には、労働基準法の違反を犯している、いわゆるブラック企業も多く存在しています。しっかり、労働時間、連続勤務、有給休暇について知識を持っておくべきです。

仕事をする人にとって労働基準法は忘れてはならない要素です。また、同時に連続勤務のことについても知りましょう。近年は働き方改革について頻繁に取り上げられていますが、環境を変えるなら労働者も労働基準法や連続勤務について知る必要があります。

会社に通う通勤距離で労働基準法で何キロまでとか規定はありますか? 通勤距離が片道65キロあります 教えて下さい 通勤距離及び通勤時間に法律上の制限はありません沖縄から東京に通勤することですら、会社と従業員の同意があ

残業代請求において,労働者側から移動時間も労働時間だとの主張がなされることがあります。それでは,移動時間は労働時間なのでしょうか?通勤時間は労働時間ではない 通勤は,労働者が労務提供を行うための債務の履行準備行為にすぎません。

労働基準法では、通勤手当を支給することは義務付けられていません。 労働基準法では、労働させたときは賃金を支払うこと、時間外労働・休日労働・深夜労働をさせたときはそれぞれ割増賃金を支払うことが定められています。

今の仕事で、休憩、休日、有給休暇などに疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、「休憩」に焦点を絞り、・労働基準法上の休憩のルール・賃金が発生する「休憩」とはなどについて解説して

労働基準法第34条が定める休憩時間とは、労働からの解放が保障されている時間を言う。 適宜休憩してよいと指示されていた時間は、客が途切れた時などに適宜休憩してもよいというものに過ぎず、労働基準法第34条が定める休憩時間ではない。

作業付帯時間-通勤時間の判断基準-一般通勤時間. 出張. 任意の集合場所利用. 現場へ直行直帰-作業準備・後始末の判断基準-一般的な見解. 始業前の清掃・お茶など. 作業準備時間-特殊な労働時間制度-変形労働時間. みなし・裁量労働時間. ☆労働基準法個別

俺さ、明日、労働基準監督署に行って、移動時間って勤務時間になるのかどうか聞いてくるわ。」 このように、出張等で仕事の目的地まで赴くため、列車、自動車、船舶、航空機等の乗物に乗って移動している時間は、労働時間になるのでしょうか?

この記事は「給料減額の限度額、違法になる給料減額の範囲、労働基準法の給料減額の扱い、給料が減額された際の社会保険」+「給料減給が不当だと感じる場合の対処法」「給料減額の口頭の場合と同意書の扱い」について書いています。雇用者側、被用者側どちらの方でも。

5、法定労働時間を超えて働いていたら残業代請求できる可能性! (1)割増賃金の支払義務. 労働基準法37条により,使用者は,時間外・休日労働に対して,割増賃金を支払うことを義務付けられていますので,労働者は割増賃金の支払を請求できます(なお、仮に上記4の条件を満たしていなく

・労働時間は、労働基準法において「労働者が使用者(会社)の監督のもとにある時間」とされている ・つまり、通勤時間や休憩時間を含まない実作業時間(来客当番や電話番なども含む)である ・求人などで「休憩時間も給料の範囲内」などと書かれた

今の仕事で、休憩、休日、有給休暇などに疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、「休憩」に焦点を絞り、・労働基準法上の休憩のルール・賃金が発生する「休憩」とはなどについて解説して

【弁護士ドットコム】現在アルバイトの雇用で介護の夜勤専従16時30分~10時30分の18時間(実働16時間)、通勤時間に38.8㎞片道1時間30分掛かってます。

仕事に行くまでの通勤時間。人によっては馬鹿にならない時間を要します。長い目で見ると膨大です。この通勤時間を有効活用する手立てはないのでしょうか?実はあります。ビジネスにも役立つ方法を試してみてください。通勤時間を変えて行きましょう!

3.いろいろな労働時間制度. 前記の通り、労働基準法では原則的な法定労働時間が定められていますが、「1日8時間、1週40時間」という画一的な原則だけでは、会社の業種や、労働者の業務内容、雇用形態によっては効率的な労働を促進できない場合があり

【弁護士ドットコム】「労働時間 通勤時間」には、「3)1日1万-1.3万円ほどの報酬で報復7時間も通勤に取られては労働条件として割に合わぬゆえ

通勤の延長としての意味しか持たない移動時間の場合には労働基準法上の労働時間にはならず、その時間は労働基準法上賃金の支払義務は発生しません。 因みに当該直行直帰中は労災保険法上の通勤災害対

このように、通勤災害とされるためには、その前提として、労働者の就業に関する移動が労災保険法における通勤の要件を満たしている必要があります。 そこで、労災保険法における通勤の要件をまとめると次のようになります。 1「就業に関し」とは

変形労働時間制がとられる場合であっても、妊産婦が請求した場合には、1日及び1週間の法定時間を超えて労働させることはできません。 (5)妊産婦の時間外労働、休日労働、深夜業の制限(法第66条第2項及び第3項) 妊産婦が請求した場合には、時間外

このほか、労働基準法では、通常の通勤時間は使用者の指揮下にない時間であり、労働時間としないことを定めています。ただし、通勤中に業務を行うために通勤経路を外れた場合、その間は通勤時間ではなく労働時間として扱います。

労働時間の上限は? この労働時間ですが、まず1週間あたりの労働時間の上限が労働基準法で決められています。法定労働時間ってやつです。 一部の例外を除いて、 1週間に40時間まで です。

週6勤務は違法なのか 労働基準法には1週間に40時間内、1日8時間以内を原則とし、休日を週に1日以上、4週間で4日以上の休日と定められています。 基本的に会社は1日8時間勤務が多いでしょうから、週40時間以内だと週5日勤務が限界となります。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > よくある質問 > faq(よくある質問) – 労働基準法に関するq&a > 一日の残業時間は労働基準法ではどれぐらいですか。 一日の残業時間は労働基準法ではどれぐらいですか。

俺さ、明日、労働基準監督署に行って、移動時間って勤務時間になるのかどうか聞いてくるわ。」 このように、出張等で仕事の目的地まで赴くため、列車、自動車、船舶、航空機等の乗物に乗って移動している時間は、労働時間になるのでしょうか?

仕事で遠くの作業場に直行したり直帰した場合も同様で、移動時間は通勤時間と同じ扱いになります。 だから極端な話、前日の休日をつぶして移動したとしても、原則として労働時間にはなりません。 出張させるには条件がある

平成22年4月の法改正 「時間外労働の限度に関する基準」が改正され、労使で特別条項付き36協定を結ぶ際には、新たに、 限度時間を超えて働かせる一定の期間(1日を超え3か月以内の期間、1年間)ごとに、割増賃金率を定めること

割増賃金(わりましちんぎん)とは、使用者が労働者に時間外労働・休日労働・深夜業を行わせた場合に支払わなければならない賃金です。労働基準法(昭和22年法律第49号)第37条に規定されています。

「法第37条第5項の規定によって、 家族手当及び通勤手当の他、次に掲げる賃金は、同条第1項及び第4項の割増賃金の基礎となる賃金には算入しない。」 (労働基準法施行規則21条)

<時差通勤> 始業時間及び終業時間に各々30分~60分程度の時間差を設けること; 労働基準法第32条の3に規定するフレックスタイム制度を適用すること <勤務時間の短縮> 1日30分~60分程度の時間短縮 <交通手段・通勤経路の変更> 混雑の少ない経路への変更