開催報告:jcm設備補助事業シンポジウム2018. 日本環境省及び(公財)地球環境センターは、jcmに関する環境省の取り組みの紹介やjcm設備補助事業の成果報告等を行う「jcm設備補助事業シンポジウム」を11月8日に開催いたしました。

本日、日本とモンゴルで実施している二国間クレジット制度(jcm)において、2回目のクレジットが発行されました。これは、モンゴル国ダルハン市に10mwの太陽光発電を導入し、発電した電力をグリッドに送電することによって、温室効果ガスの排出削減を実現したプロジェクトであり、今回

環境省(法人番号1000012110001) 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内 環境省ホームページについて

[PDF]

ット制度(Joint Crediting Mechanism:JCM)を実施しています。 このJCMを推進するため、環境省では、パートナー国での温室効果 ガス削減に寄与する設備の導入に必要な初期投資費用の1/2 を上限 とした補助により支援する事業を行っています。

jcm(二国間クレジット制度) 二国間クレジット制度 ※従前「二国間オフセット・クレジット制度」と呼称していた本制度の名称については、今般より、表現の簡略化のため「二国間クレジット制度」とし

[PDF]

jcmに関する環境省の取組 環境省地球環境局 市場メカニズム室 伊藤貴輝 セメント⼯場廃熱回収発電の起⼯式 (jfeエンジニアリング。インドネシア) 太陽光発電(京セラ。パラオ) コンビニ省エネ(パナソニック。 インドネシア、ベトナム)

[PDF]

ット制度(Joint Crediting Mechanism:JCM)を実施しています。 このJCMを推進するため、環境省では、パートナー国での温室効果 ガス削減に寄与する設備の導入に必要な初期投資費用の1/2 を上限 とした補助により支援する事業を行っています。

二国間クレジット制度(jcm)ぺージです。炭素市場エクスプレスは、世界各地で実施されているjcmを中心とした炭素市場について、日本政府による各種情報をまとめています。

環境省は、2019年度「二国間クレジット制度(jcm)資金支援事業のうち設備補助事業」の公募における第一回採択案件を公表

[PDF]

jcmに関する環境省の取組 環境省地球環境局 市場メカニズム室 伊藤貴輝 セメント⼯場廃熱回収発電の起⼯式 (jfeエンジニアリング。インドネシア) 太陽光発電(京セラ。パラオ) コンビニ省エネ(パナソニック。 インドネシア、ベトナム)

環境省は、令和元年7月10日に、モルディブで実施されている二国間クレジット制度(jcm)プロジェクトにおいて、jcmクレジットが発行されたと発表した。

図1 二国間クレジット制度(jcm)の基本概念 出典:経済産業省 jcm登録簿は、jcmクレジットの管理のための情報システムで、各保有口座間でのクレジットの振替(取得・移転)や無効化など、jcmクレジットの取引にかかわる記録台帳です。

環境省は4月17日、日本の二酸化炭素排出量削減のために、二国間クレジット制度(jcm)を通じて、海外での森林保全プロジェクト(redd+)に参加する事業「二国間クレジット制度を利用したredd+プロジェクト補助事業」の公募を開始した。募集

 ·

5 hours ago · 環境省は、日本の技術で海外の二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献する「二国間クレジット制度(JCM)」の設備補助事業にトヨタ自動車の事業など4

環境省は21日、途上国において省エネ技術を活用して温室効果ガス(ghg)の排出削減を行い、二国間クレジット制度(jcm)に基づくクレジットの獲得を目指す事業に対して設備補助を行う補助金について、二次公募の第一回採択として、3件を選定したと発表した。

jcmは、今のところは取引をおこなわない制度となっていますが、パートナー国の政府と協議を続け、取引可能なクレジット制度に移ることを検討していきます。 経済産業省では、予算事業などを通じて、jcmプロジェクトの実施や手続きを支援しています。

 ·

5 hours ago · 環境省は、日本の技術で海外の二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献する「二国間クレジット制度(JCM)」の設備補助事業にトヨタ自動車の事業など4

環境省jcm設備補助事業 パラオに太陽光発電システムを導入 2018年02月01日 16時15分画期的な技術を普及環境省は、1月30日、パラオにおいて太陽光発電システムを導入する2つのプロジェクトに関し、

環境省は4月17日、日本の二酸化炭素排出量削減のために、二国間クレジット制度(jcm)を通じて、海外での森林保全プロジェクト(redd+)に参加する事業「二国間クレジット制度を利用したredd+プロジェクト補助事業」の公募を開始した。募集

[PDF]

環境省 JCM制度 設備補助事業の採択が決定 ~タイ国のCO2 年間2,351トンの削減に貢献~ 2017年3月24日に、ユアサ商事株式会社(本社 東京都千代田区神田美土代町7番地 社長 田村博之)

環境省は21日、途上国において省エネ技術を活用して温室効果ガス(ghg)の排出削減を行い、二国間クレジット制度(jcm)に基づくクレジットの獲得を目指す事業に対して設備補助を行う補助金について、二次公募の第一回採択として、3件を選定したと発表した。

環境省設備等補助対象事業とjcmの要件 JCM案件の特徴のひとつとして、エネルギー起源のCO2排出削減に資する案件という要件があります。 このため、案件申請時には、対象となる高効率の低炭素技術、サービス及びインフラを導入することによるCO2削減量の

2018.03.16 | 環境活動. 環境省が主催する「二国間クレジット制度(jcm)公開セミナー」にて講演しました. 環境省と公益財団法人地球環境戦略研究機関(iges)の共催により、「jcm公開セミナー」が開催

民間のコンサルタントから環境省に転じ、日本が温室効果ガス削減対策で提唱した二国間クレジット(jcm)の定着に奔走してきた環境省の水野勇史さんが、環境省を退官した。

[PDF]

Apr 01, 2019 · (Workshop on the Joint Crediting Mechanism (JCM) – How to facilitate dissemination of low carbon technologies in the Philippines through the JCM-)に参加 、講演のために登壇 いた しました。 本ワークショップは日本国環境省、比国環境天然資源省

2009年以降、民間企業等が環境省や経済産業省の支援を受けながらredd+事業形成に向けた実証調査を実施し、森林のモニタリング方法や現地関係者との連携方法等、事業に必要な知見を蓄積してきました。2014年から関係省庁がjcm-redd+用のルールづくりに着手。

環境省設備等補助対象事業とjcmの要件 JCM案件の特徴のひとつとして、エネルギー起源のCO2排出削減に資する案件という要件があります。 このため、案件申請時には、対象となる高効率の低炭素技術、サービス及びインフラを導入することによるCO2削減量の

民間のコンサルタントから環境省に転じ、日本が温室効果ガス削減対策で提唱した二国間クレジット(jcm)の定着に奔走してきた環境省の水野勇史さんが、環境省を退官した。

[PDF]

それから、jcmあるいはjcmを推進する全体の評価については、私どもでお話しできる立場に はございませんが、例えば昨年、行政事業レビューでjcmの推進という事で環境省、経済産業省 (nedoも含みますが)、各事業の評価、点検が行われました。

[PDF]

環境省ではこれまで、85件(2016年9月30日時点)の排 出削減・吸収プロジェクトをjcm資金支援事業として実施し ており、これらの事業による削減量は年間約45万トンと見積 もられている。将来的には、政府はjcm事業の実施により、

二国間クレジット 制度 事業 概要. 弊社では、二国間クレジット制度( Joint Crediting Mechanism/JCM )事業の支援を行っています。 JCM は、環境省ならびに経産省が実施する地球規模での GHG 排出量を、日本の優れた低炭素技術・製品を活用し、目指すことを目的とした事業です。

[PDF]

4-1.JCM実証業概要① JCMを構築した国において、低炭素技術・システムを導入する温室効果ガス排出削減プロジ ェクトを実施 MRV方法論を適用し、第三者機関による検証やJCM合委員会の審査といったJC M

jcmクレジットの取引に係る税務上の取扱いについて(照会) (別紙) 平成28年6月30日. 国税庁 課税部 審理室長 山寺 尚雄 殿. 経済産業省産業技術環境局 地球環境連携室長 永澤 剛 環境省地球環境局 地球温暖化対策課市場メカニズム室長 小笠原 靖

E-MAIL:[email protected] ※原則として、メールでのお問合せをお願いいたします。 お電話でのお問合せは受け付けておりませんのでご了承ください。 業務時間(平日9時30分~17時00分) 経済産業省 産業技術環境局地球環境連携室 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1

cop21において,安倍総理が『日本は,二国間クレジット制度などを駆使することで,途上国の負担を下げながら,画期的な低炭素技術を普及させていきます』と演説する等,政府全体としてjcmを推進してい

環境省報道発表はこちら 2019/07/19 開催案内 「水銀対策技術の国際展開に関する情報交換会(第6回)」を8月9日(金)にoeccで開催します。詳細は環境省の報道発表をご覧ください。 2019/07/16 開催案内